そろそろ”カッコいい生き方”はじめませんか?

 

こんにちは。カズです。

僕はいつもなにか決めるときには、

「その行動は自分にとってカッコいいか?」

と言うことを判断基準にして物事を決めてきました。

それはものを買うときでも、ちょっとした行動をするときでも、仕事を決めるときでも、

いつもそうやって決めてきました。

僕の思考的に、

「カッコ良ければそれでオッケー」

といった考え方があります笑

でもひとくちに、、

「格好良さ」

と言っても、それぞれの考え方がありますよね。

そこで今回は、僕の考える格好良さについて考えてみました。

 

カッコいい=イケメンってこと!?

 

カッコいいというと、イケメンかという話になりそうですが、必ずしも僕はそう信じていません笑

 

僕の思うカッコいい人とは、

・自分の信念がある

まわりの意見に流されることなく、自分なりの判断基準に照らし合わせた言動や行動ができる人です。

・自分のやるべきことがわかっている

自分の好きなことや、得意なことを見つけて、それを一生懸命にやっている人のことです。

・つらいこと、苦しいことを笑い飛ばせる

小さいことには動じない、辛いこと、苦しいことを笑い飛ばせる人は、やはり大きいと感じるし、ついていきたくなりますね。

・与えられる人

モノも、時間も、そしてお金も、人に与えられる人はカッコいい人だと思います。

・自分を表現することを恐れない

自分の言動、自分の作ったものに自信を持って表現している人は輝いています。

いつも上機嫌でいる

人間だから日々生きていると、誰もが、やっぱりイヤなことこともあるし、辛いこともありますよね。

いつも上機嫌でいることはとても難しいことですよね。

色々あるけどそれを周りの人にグチって発散するのかどうかは自分次第です。

つらいこと、苦しいことは黙って背負っとけ。

楽しいことだけシェアしようぜ。

だってそれが俺の美学だから。

高橋歩

僕はこの言葉が大好きで、こんな人になろうと思っています。

自分の才能に気づき、育てて、それで誰かの役にたっている人を、僕はカッコいい人だと思っています。

そういう人にはやっぱり存在感も感じるし、オーラのようなものがあります。

 

べつにスポーツ選手や有名人だけじゃなくて、身近にもそういうカッコいい人たちはたくさんいますよね。

 

 

近所のおじさんがそうかもしれないし、いつもいく美容室のお姉さんがそうかもしれない。

見方をすこし変えればカッコいいひとはたくさんいます。

その人すべてが格好いいと思えなくてもオッケーです。

この人のココ格好いいな、と思える部分を持っている人はたくさんいます。

好きなこと得意なことを楽しみながら、一生懸命やって人に貢献しているひとを僕はカッコいい人と定義しています。

それは僕にも、あなたにも、必ずあって、そこに気づいて、育てることが大切だと思っています。

 

”カッコいい生き方”のはじめ方

 

1.小さなころ夢中になったことを思い出す

 

 

今は好きなことがない、わからない、というひとも、小さなころから成人するまでに、

なにか夢中でやったことのひとつやふたつあるはずです。

すこし時間をとって思い出してみてください。

ゲームをやることが好きで気づいたら朝だった、

僕もなにをやろうか考えたときに、昔の記憶を思い出す作業をしてみました。

幼稚園のころヨーグルトの空き容器を使ってサングラスのようなものを作ったときにまわりのひとにすごいねと、言われてうれしかったこと、そのほかにも小学生の頃は、自分でオリジナルの野球漫画をかいて発行していたり、エッセイ的なものも書いて友達に読んでもらったりしていたことを思い出しました。

高校の頃にはジオラマづくりなども好きでした。映画を見ることも好きで、当時やっていた金曜ロードショーをとても楽しみにしていました。そして昔からずっと、面白いことをいってまわりの人を楽しませることが好きでした。

僕の才能の源泉としてはこの辺りにあるのかな、と考えています。

なので、ものづくりとブログで情報発信をはじめました。

 

2.家族、友達に聞いてみる

 

 

自分のことはよくわかっているようで、意外とわかっていないもの。

そんなときはまわりの人に教えてもらうのもひとつの手です。

ちいさいころどんなことが好きな子供だった?

俺って(私って)どんなイメージ?などと

少し照れくさいかもしれませんが、思い切って聞いてみましょう。

自分があたりまえにできることは、まわりのひともできるはずという思い込みを持っていることも多く、なかなか自分の能力が特別だということに気づかないことも多いものです。

 

3.時間があるとついやってしまう事、いままでお金をかけてきたことをふりかえってみる

 

 

あなたは時間があるとついやってしまうことはなんですか?

毎月必ずお金を使うことはなんですか?

時間とお金の使い方で自分の方向性を知る手掛かりになることがあります。

僕は成人してからこれまで主に車とファッション、そして本や雑誌などに時間とお金を使ってきました。

今でも毎日本は読むし、本屋さんや図書館に行くことは大好きです。

本に関連する仕事にも可能性があるのかもしれません。

4.人の言動や行動で気になるところは?

 

例えばすごく気の利く人っていますよね。ちょっとしたことでも先回りをして、

さりげなく気づかってくれる僕はそんな人ってすごく素敵だなと思うんですが、

あなたもそう思える人がいるのではないでしょうか。

 

反対に、普段は敬遠しがちな、マイナスの感情も自分の才能に気づくきっかけとなります。

自分ならこうするのにとか、

この人のこういうところがすごくて落ち込む、

といったマイナスの感情にも才能に気づくきっかけをあたえてくれます。

 

そんな感情を感じられるというのは、普段からあなたが意識的、無意識的に気にしていることだからです。

普段からこの人のいいなと思う部分や、過去の腹が立った経験や、悔しく思ったことを振り返ってみてください。

 

5.見た目も重要!!

 

 

冒頭で、「イケメンかどうかは関係ない」と言いましたが、もちろん見た目はめちゃくちゃ重要です。

「人は見た目が9割」という本もありますが、本当にその通りだと感じることも多いです。

見た目で判断するな、といわれることもありますが、僕たちも、やっぱりその人の見た目で判断している部分がかなり多いのではないかと思います。

人間は、視覚情報から約87%もの情報を得ていると言われています。

そのために見た目を整えることを意識しましょう。

髪が伸びっぱなしの人は美容院へ行って、整えるだけでもかなり変化を感じられます。

服装も大切です。ファッションに自信がないよ、という人でも大丈夫です。

ユニクロやGU,ZARAなどのファストファッションで大丈夫です。

シンプルでジャストサイズなものを選びましょう。

おしゃれさよりも清潔感がある方が100倍重要です。

あとは姿勢も大切です。猫背になっていませんか?

猫背は見た目的にもマイナスですが、健康面でも大きなマイナスとなります。

背筋が伸びて堂々と胸をはれば、精神的に前向きにもなることが出来ます。

コツはおなかを前に出して、肩甲骨をひき寄せて、頭は見えない糸に引っ張られているイメージです。

食事するとき、歩くときなど意識してみてください。

 

まとめ

 

 

いかがでしたか?

今回は僕が思う”カッコいい”について書いてみました。

ひとそれぞれの”カッコいい”があると思いますが、

なにより、その人らしさに気づいてそれを育て、行動している人は、どんな形でも輝いていると思います。

 

今まではまわりに合わせて生きてきた、好きなことがまだみつからない、

というひとも大丈夫です。今日が一番若い日です。まだまだこれからです。

これから一緒にカッコよくなっていきましょう!!

 

ご意見やご質問などあれば、お気軽にメッセージやコメントしてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。よい一日を♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)